FC2ブログ

蒼月亭つれづれ日記

英国からの帰国、両親との死別...ひとりで生きていくことの意味を見つけたくてもがいてます...

名水の里久留里

2011.05.16 Mon 23:25

風邪から喘息一直線だった1週間、久しぶりに本当にしんどい1週間でした。金曜は会社を休み、木曜の夜から土曜の夜までほとんどベッドで寝たきり生活していたら(昼間はほぼ寝ていて夜は咳と格闘...)別の意味で具合が悪くなってきたので、よく晴れて少し呼吸が楽になったのを機に、日曜はぶらり旅をしてきました。今回の目的地は木更津から延びるローカル線、久留里線の終点近くにある久留里です。地味ですが城下町で、今でもいくつもの自噴井戸があって、町には水があふれています。その井戸を見てみたいと。

川崎から木更津といえば、電車で行くとかなり時間がかかるのですが、そういえば、アクアラインがあるじゃないかと、今回は路線バスで行ってみることに。いい天気だから海ほたるも気持ち良かろうと。バスは川崎駅東口岡田屋前あたりから毎時2本くらい出ています。

umihotaru1.jpg

いやー、さすがに気持ち良かった! 海綺麗でした こうやって眺めていて思ったのは、東京湾ってやっぱり交通量半端ないなーということでした。すごい数の大型、中型船がうごめいてます。

海ほたるでのんびり海を眺めたり足湯を楽しんだり、あげくに指圧なんぞしてもらい、がたのきた体を少しいたわってから再びバスに乗り木更津へ。木更津駅からはかわいらしい2両編成の久留里線に乗りこみます。久留里まで40分くらいの旅です。

kururi1.jpg

さすがのローカル線、鉄分多いおっさんがカメラ握って運転席の後ろに張り付いていたり、駅に着くとホームで写真撮りまくったりしておりました(笑)

kururi2.jpg

久留里駅はとても正しい田舎駅でした。自動改札がなかった...(ぇ 油断してうっかりスイカで乗ってきてしまった私。失敗したわー( ゜┓゜) いつも田舎に行く時は気をつけるんだけど、予想以上に田舎だった。

1kmくらい歩くとお城があるんですが、今回は水のことしか興味がない私は城はまるっと無視(笑)のんびり歩いていっぱいある井戸を見て歩きました。いやー、すごいなぁ。本当に至るところにありました。そのうちのいくつかは万人に開放していて、自由に水をくめるようになっているのです。この豊かな水のおかげでここ久留里にはいくつもの蔵元があります。

kururi3.jpg

kururi4.jpg

雰囲気満点で見ていてとても楽しいですが、いかんせんまったく飲めない私にはご縁のないものです...(ノ_・。)

kururi5.jpg

井戸はこんな感じだったり、密閉されていて、下部に蛇口がつけてあるタイプのものがあったり様々。自由に汲めるようになっている井戸には、今のご時世、放射能不検出の証明書が張ってありました。切ないわ...

kururi6.jpg

んなわけで、たくさんの人が大量のボトルを持ちこんで水を汲んでいた井戸で、私もささやかに500mlくらいだけお水いただいてきました。なんかふっくらしたお味のお水でした。いいなぁ、生活圏内にこういう素敵な水場があるって...

Category:旅ごころ  Comment:1  Trackback:0  Top

行きあたりばたり旅栃木編

2011.02.13 Sun 17:47

本当は大好きな水沢うどんを食べに水沢に行きたかったんですが、あまりの雪に断念。またの機会に食べに来よう… 車を運転できないってときどきほんと不便だなぁと思うのでした(免許更新できなくて返上したんだから仕方ないけど。事故るよりはまし…)。

その後ちょっと前橋に立ち寄ってスズラン百貨店を冷やかしたりしてから両毛線で栃木へ。栃木に着いた時間はもう暗かったので観光は翌日でしたが駅からホテルまで15分くらい歩いて行く間にやたらめったら予備校が… なぜこんなにたくさんあるのでしょう^^;

この日は市内中心部にある栃木グランドホテル。レトロな町にふさわしくレトロな大ホテルでした。ホテルとしてより結婚式場としてのほうが栄えている感じです。

さて、翌朝早くからせっせと市内歩きまわり開始d(・_・)幸い雪も一応なんとかおさまって、ときどきみぞれ?な感じです。栃木という町、なんとも個性的な町ですねぇ。明治大正のいかにも「日本!」って感じの建物と、これまたいかにも~なレトロな洋館が至るところにあるのですが、そのほとんどがきちんと使われているのがすごい! 蔵造りとか、古い商家の建物は空き家になっていてただ保存されている風なのもありましたが、きっといずれそれらもうまく使われていくんだろうなと思います。

tochigi1.jpg

こちらはホテルからすぐ近くの大正時代くらいの洋風建築…なのかな? 私、見てませんが「Always三丁目の夕日」のロケに使われたとか。今はおしゃれなレストランです。ほんとはここで夕食食べようか迷ってたんだけど迷ってるうちにしまってしまった(爆) 結局夕食は中華な飲み屋さんになりました。あはは。そこも雰囲気良かったですが。

tochigi2.jpg

これぞ米屋っ!って感じのお米屋さん。子供のころのお米屋さんってみんなこんなだったよな。

tochigi3.jpg

ここは空き家っぽいですが、これまた素敵。こんな感じの素敵な店構えのお店がいっぱいです。肥料屋さんとかも多かったな。さすが栃木。

tochigi7.jpg

こちらは美術館になっている典型的な蔵建築。とても美しいです。

tochigi4.jpg

これは例幣使街道(れいへいしかいどう)と呼ばれる江戸時代の道。『京都から日光東照宮へ幣帛を奉納する勅使が通った道』だそうです。ゆるやかなカーブが続き、道の両側には趣たっぷりの古い家が続いてます。

tochigi9.jpg

こちらは県庁堀。栃木は昔は県庁所在地だったんですよね。その当時の県庁のあたりにあるお堀です。鯉がいっぱい泳いでました(*^_^*)

tochigi10.jpg

そしてこれが旧県庁(の別館?かな)。今は教育委員会の建物でした。いやー、私の大好きなアーリーアメリカン(^O^)

tochigi6.jpg

色調似てますがこちらは病院です。現役だし! ちょうど看護師のおねえさんが廊下を歩いていくのが見えました。

tochigi8.jpg

パステルカラーが続きますね。こちらはもともとなんかのお医者さんだったかで、今はカフェ。こんな建物がいっぱいある町、たまりません、私のツボつかれまくり。

tochigi11.jpg

雪はやんだとはいえ、朝から歩きまわったら昼前にはすっかり凍えてしまいました。そこで通りすがりの銭湯へGO!(ぇ とっても昭和な正しい銭湯です。下駄箱に靴入れて、のれんくぐると番台で、右が男湯、左が女湯。懐かしすぎて涙が出ますよ… とってもいいお湯でした。あったまったーヽ(´ー`)ノ  しかも、もうちょっと歩くと行ったら、番台のおかあさんが、帰りにまた入って行きなさい、ただでいいからねと(ノ_・。)  昭和の人情ばんざい… 残念ながら再度は伺えませんでしたが、栃木にまた来る時にはぜひまたひと風呂浴びていきたいと思います。


そんなわけで駆け足かついきあたりばたり旅でしたが、楽しかったです。帰りは違うルートでと(このあたりちょっと鉄分が多いのがばれる)東武線で浅草までのんびりと帰りました(もちろん特急なぞ乗ってない)。浅草でついここまで来たからとコロカ提携店(雷おこしとおせんべいのお店)に寄ってしまったのは秘密です。 さて次はどこに行こうかな。

Category:旅ごころ  Comment:4  Trackback:0  Top

行きあたりばたり旅 群馬編

2011.02.13 Sun 17:36

連休3日間予定もなく家でごろごろして誰とも会話もできずに過ごすのもアレだなぁと思い、前日の夜に意を決して宿を予約、木曜の夜会社帰りにその足で旅に出ました。

正確にいうと会社のあと、毎週行ってる温熱療法に行ったのでスタート地点は神田明神。普段は御茶ノ水に出るところ、秋葉原まで歩き、上野に向かいました。有料特急には乗らない方針(近場の旅の場合)なので、ちょうどいいタイミングだった前橋行き通勤快速に乗りました。でもちょっと自分を甘やかしてグリーン車(*ノノ)だって通勤電車で立ち乗りだと旅という気分が…(笑)

22時過ぎに高崎到着。この日は駅前のアパホテル泊です。温泉があるってやっぱりいいわぁ。ベッドの寝具もいいあんばいで初めて利用したけどまた泊まってみたいです。夕食を食べそびれたのでそれから深夜の町に出るも、さすがに飲み屋(か牛丼屋)しかやってない… ファミレスはガストしかないらしいのでガストでさびしく深夜のひとりごはん(笑)一人旅はこのパターン多いですね。いいもの食べたくても物理的に無理な状況が多い…(お金は出せるんだけど)

金曜日は朝から雪、雪、雪。雪の中、まず電車で渋川へ、そしてバスに乗って伊香保温泉に向かいました。

ikaho1.jpg

ikaho2.jpg

いやー、群馬の雪をなめてました、私ーー; さすがに伊香保は標高も上がって、片栗粉のような雪が積もりまくり… 歩いていると靴の上にどんどん積み上がって、大昔に新雪の中をスキーして、板の上に雪が積もりまくったのを思い出しました( ゜┓゜)

革靴で歩いているとあぶないわ、それ以前に寒くて凍えるわで、日帰り湯の「石段の湯」でじっくりと湯につかって早々に下山しました。お湯はほんとに黄金湯で、ちょっと緑がかって緑茶みたいでした。さすが伝統のあるいいお湯だ。

shibukawa.jpg

帰りの渋川駅。景気よく降っております。

その後は高崎問屋町に寄って、携帯ゲームコロプラのコロカ提携店になりたてほやほやの甘納豆屋さんへ。駅からそれなりの距離があって住宅地をくねくね行くのですが、最近はグーグルマップ様がありがたく道を教えてくださるので遭難しなくてすみます。便利な世の中ですじゃ…

koroka1.jpg

無事、とてもおいしい渋皮ごと甘納豆にした栗甘納豆などを買い、コロカもゲット(これに書いてあるシリアル入力するとゲーム内でアイテムが買えるのです)。 この甘納豆、ほんとにおいしかったので、ゲームのおかげで出会えてうれしかった~ こんなことでもなかったらこんな群馬のお店に出会うチャンスないから…(ネットであれこれ買い物する人はいいけどあまり私はしないので…)

(続く)

Category:旅ごころ  Comment:2  Trackback:0  Top

京都に向かったはずが

2010.07.25 Sun 23:55

お土曜の朝、品川からの新幹線に合わせて家を出たのに、駅に行ってみたら横須賀線が10分以上の遅延...乗ろうと思っていた1本前がトラブルで運休になったあげくのことだったようで、その時点でもう予約の列車に乗れないことが確定( ゜┓゜) その場で改札に戻り、予約変更をしてもらいました。予定より20分以上遅い新幹線に乗る羽目に。

今回は京都往復1泊の旅だったわけですが、昨日の時点で予定は空白(笑) 一応前夜に漠然とした案だけ考えて寝た私。 最終的には新幹線の中で携帯で時刻表調べつつ、何をするかを決めました。便利な世の中ですねぇ。 

京都を見て回るのも悪くないかなと特別公開の場所をチェックしたりしてはいたけれどどうにもなりそうにない昨今の陽気。 夏の、しかも酷暑の京都を日中歩き回るなんて...私には無理ーー; というわけで京都につくなり特急に乗り継ぎました(しかも駆け込んだ。余裕のはずだったのに横須賀線のおかげで...)。どこへ向かったかといえば

hashidate1.jpg

はい、天橋立です。そういえば日本三景のうち天橋立だけはまったく見たことなかったなーと思い立ちまして。 

天橋立もとても暑かったですが、でもさすが海辺だけあって、木陰は涼しかった! それに何より、ビューランドに上がって眺めた橋立は見事でした。 私、結構なめてました。すみません... いや、これ、本当に日本三景としてふさわしい美しい景色です、はい。 

時間も根性もないので橋立の対岸には行かなかったのですが、それでも十二分に堪能できました。 橋立のところ、海水浴場になっているんですよね。いいなぁ、あそこで泳ぐ人たち。 子供のころ関西にいたのに海水浴にここに来られなかったのは残念だなぁ。 敦賀とかには何度か行ったのに...

hashidate2.jpg
対岸には行きませんでしたが、とりあえず手前側の智恩寺(日本三大文殊のひとつとか)には行きました。なかなか趣のあるお寺でした。でも暑い...

hashidate3.jpg

本堂の柱のところには柱と一体化したようなにゃんこちゃんが...(笑)毛皮のひとたちごくろうさまです(ぇ


その後、行きとは別ルート(舞鶴方面経由)で京都に戻り、夕方には宿を取った高槻へ。今回の旅の目的のひとつ、5月にも行った、友人けんじくんのお店、カンボジア料理店「すろまい」で夕食です。

★すろまいのウェブサイトはこちら★

さすがに夏だけあってお店は今までで一番混んでました。けんちゃん大忙し。そんな中、作ってもらった料理の一部がこちら。携帯で撮ってるのでおいしそうに見えませんが( ゜┓゜)

suromai1.jpg
海苔と豆腐のスープ。おいしいです...が、なんだか無性にお茶漬けの素に入っている小さなアラレを入れたい...(笑)日本人には非常に受けのいいお味ですね。

suromai2.jpg
レモングラスとかココナツとかいくつかのハーブで味付けした鶏と野菜の炒め物。ココナツはちょい苦手な私ですがこのくらいならおいしく食べられます。レモングラスおいしい~ヽ(´ー`)ノ

suromai3.jpg
これは前回もいただいた、鶏皮の揚げたの。スイートチリソースつけて食べるとむっちゃおいしいです。自分でも作ってみたいな、これ。

お店が引けた後、夜中にちょこっとだけけんちゃんと居酒屋に行って二人とも酒を飲まないという笑える食事会なんかもしたりして、楽しい一夜でしたd(・_・) またちょくちょくご飯食べに行きたいなと思います。

日曜日はといえば、終日京都を歩くのは自殺行為なので、午前中はオタクに徹して電車乗って過ごし(鉄ちゃんしてたわけではなく、コロプラ(※GPS使ったゲーム)関係で移動してました)、京都駅の伊勢丹でゆっくりと京都豆腐料理のお店でランチをしてから決死の覚悟で下賀茂神社だけ行ってきました。 5月の特別効果で上賀茂神社に行ったので、ここはやはり下賀茂の特別公開も見ておこうかと。清水の方も魅力的だったんですが、さすがにこの天気の中清水までたどりつける気がしないので...←貧血なので炎天下、坂なんぞ登れません

しかし、一か所行っただけでもほんとにへとへと... おそるべし京都の夏。

帰りの新幹線は爆睡予定でしたが、たまたま隣に座ったイギリス人夫婦との会話が楽しくてあっという間に品川まで着いてしまいました(笑) だって、旦那さんたら出身がScunthorpeだなんて言うんですもん。Scunthorpeというのはリンカーンシャーの町で、私の住んでいたハルのとてもご近所でして、サッカーチームは因縁のライバル同士というとても関係の深いところなのです。もう話題がローカルすぎて盛り上がった...(笑) あー久々にいっぱい耳触りのいい英語(つまりイギリス語)聴いてしゃべって、とても楽しかったです。

Category:旅ごころ  Comment:2  Trackback:0  Top

本場のめんたいフランスの実力

2010.06.16 Wed 21:57

翌日は友人運転の車で一路温泉へ、という前に旅行者には絶対たどりつけそうにない地元の超人気パン屋さんへ立ち寄りました。どのパンもめちゃくちゃおいしそうですが、ここの一番人気は「めんたいフランス」。

fukuoka3.jpg

いやー、もう脱帽。非の打ちどころがないおいしさです。こんな店が近所にほしいよ(ノ_・。)


fukuoka4.jpg

もう一回行きたいなぁ...くすん。

ちなみにお店のサイトはこちらです。

Category:旅ごころ  Comment:2  Trackback:0  Top

Calendar

2019.11.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New記事+コメント

プロフィール

あすとる

  • Author:あすとる
  • 英国生活日記http://astor.btblog.jp/の後を継いだ帰国後日記です。ただのひきこもりの日常をつづっております...

カテゴリー

検索フォーム

ブログ内検索

リンク

過去ログ

月別アーカイブ

RSSフィード

Copyright © 蒼月亭つれづれ日記 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug