蒼月亭つれづれ日記

英国からの帰国、両親との死別...ひとりで生きていくことの意味を見つけたくてもがいてます...

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

論文英語のお話

2006.12.15 Fri 23:13

毎度、つれづれなお話ばかりでもアレなのでたまには論文の話でもしてみることにします(ぇ

帰国はしたものの、論文が仕上がっていないわが身ですので、さっさと終わらせるべく誠心努力しないといけないのですが、如何せん論文が書けなくて放置プレーしていた期間が長かったもので、さて諦めて頑張るか、と思っても、自分が何を書いていたのかさっぱりわからなくなっちゃったりするんですね。まずはリハビリしない事には続きなんぞ書こうにも書けないのですーー;

そんなわけで帰国してしばらくたってからのろのろと論文をいじり始めるにあたって、まずはこれまでに書いたものの英語をいじるところから始めたわけです。そうこうしているうちに内容も思い出すだろうと。

しかし、ここには大きな落とし穴が... そう、ワタクシ、英語大っ嫌いなのですヽ(`Д´)ノ 
留学なんてしてみると回りはみーんな若い頃から語学が好きだったとか、海外生活にあこがれてたとか、そんな人ばっかりです。私のように英語は大嫌い、海外生活なんぞ夢見たこともない、という人にはいまだかつて出会ったこともなく...orz

なのでみんな論文と格闘して苦しんでいても、なんだか苦しむ場所が私と違うんですよね(T_T) 私は1にも2にも英語を書くという行為自体が苦行なのでした。はぁ。

まぁ、鬱々しててもいいことないのでとりあえず前向きに図書館で英語論文の書き方の本がいろいろあったので気分転換に読んでいたら、あらまぁ、なんだか私の書いてる文章みたいなのが失敗例に並んでるわ(*ノノ)

科学英語論文のすべてという本なのですが、その中に...

「日本人は英語を書くとき動詞よりも名詞を好んで用いる傾向がある」と書かれてまして、その例として

△ The development of a system is now progress.

○ A system is now being developed.

なんてのが並んでおります。そして自分の書いたものを眺めてみると、あるあるある...(汗 読み返していて、なんか釈然としない、何かひっかかるんだけど何がうまくないんだろうなぁと思っていたところに結構こういうのがあるのです。 いやぁ、目から鱗が落ちる思いですわ;; やはりこういう本もたまには読んでみるもんだなぁと思いました(^◇^)ノ
スポンサーサイト

Category:日々のたわごと  Comment:3  Trackback:0  Top

Comment

言語って難しいですよねぇ。特に第二外国語とか第三外国語は習得するのに時間がかかります。私はあすとるさんの分野を知らないので、何とも言えないのですが… 私の分野の論文を日本語で読ませてもらったとき、日本語の意味がよくわからなかったんですよね。ある人から英訳を頼まれて、論文を翻訳してみたものの、英語が不自然で。。。でも自然な英語にすると日本語の意味が変わっちゃうんです。難しいなあ。翻訳暦30年の大先輩が「100%の翻訳はないよ!」って言っていました。私もそう思います。解釈の仕方で、意味が全く違ってくるし…(ため息) 私は小学校のころから英語(英語だけ)が好きだったのですが、学術論文の英語はまったく違いますよ。苦手に近いです。とほほ。。。 まあめげずに前向きに考えようといつも心がけています 言語習得は難しいですよね。

From:ペンギン URL 2006.12.16. Sat 09:41 [Edit]

偉そうなことを書きますが、私、英文で何か書かなくてはならないとき、英語でものを考えるようにしてます。日本語で考えてそれを英語に翻訳すると、和製英語(翻訳英語)っぽくなってしまうからです。(私が書いた日本語の論文は思いっきり翻訳日本語です。)恐らく、読んだ論文の数も違うと思うんです。英語の論文ばかり読んでいたので、そこで使われている語調とか言い回しとかが自然と身に付いてしまった気がします。これからは日本語の論文も読まねば・・・。

From:かめ URL 2006.12.16. Sat 11:43 [Edit]

>ペンギンさん
英語で勉強してきた人は日本語の論文は難しいよね。それはよくわかるよ^^ 本当に翻訳って難しいと思います。意味がわかっても日本語にできない英語ってたくさんあるもんね。逆もまた然り。

>かめさん
私の分野は日本語の論文ってほとんどないので、日本で勤めていた時から読む文献はみんな英語だったんだけどね...国内学会誌もほとんど英語だし。 でも所内の報告書とかは日本語だったので、なんともどっちつかずな感じで長年やってきました。そのどっちつかずな感じが今、足かせになってるのかもね~ なまじ日本で学んだ事が多いので英語でものを考えるとそういうものが引き出しから出してきづらくなるんだよね(´・ω・`) あぁ、めんどくさい...英語を先に身につけてから日本語に戻るのは賢いルートだと思います。そのほうがずっと楽なんじゃないのかな?

From:あすとる URL 2006.12.16. Sat 14:06 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New記事+コメント

プロフィール

あすとる

  • Author:あすとる
  • 英国生活日記http://astor.btblog.jp/の後を継いだ帰国後日記です。ただのひきこもりの日常をつづっております...

カテゴリー

検索フォーム

ブログ内検索

リンク

過去ログ

月別アーカイブ

RSSフィード

Copyright © 蒼月亭つれづれ日記 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。