蒼月亭つれづれ日記

英国からの帰国、両親との死別...ひとりで生きていくことの意味を見つけたくてもがいてます...

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

缶詰

2009.03.04 Wed 23:12

今日は今シーズン初めてファイターズが札幌ドームにお目見えでのオープン戦ということでさっさと会社から帰ってTVを見るぞ~と威勢よく帰宅の途についたのに、南武線の中でなんと人身事故の場面に出会うという人生初体験をしてしまいました。

津田山の少し手前で電車がものすごい勢いで急停車したんですね。 そしてしばしの沈黙。 信号停止での急ブレーキだとすぐにアナウンスが入るけれどそれがなく、あれ?と思っていたらしばらくして事故とのアナウンスが...

乗務員がこれから負傷者の救護と車両の確認に向かいますというアナウンスがあって、待って待って… そうこうするうちにサイレンがどんどん近付いてきて、救急車がやってきました。 そのあともどんどんサイレンが増えていくのはなんでかなと不思議だったのですが、たぶん警察と消防、そしてレスキューと大集合だったようで。 あいにく雨が降っていたので、繰り返し大きな音で「高圧電流で関電の危険があるので踏切に近づかないで!」というアナウンスが聞こえてました。 いろいろ大変なんですね...

結局36分間停車ののち電車は再出発しました。 待ってるほうもつらかったですが、でもそんな時間でまた運転しなくてはいけない運転手さんもなんというか気の毒... 大丈夫なもんなのでしょうか? ショックなんじゃないのかなぁ。 死亡事故みたいだし。

事故での電車の遅延には慣れっこですが、まさか自分がその電車に乗り合わせる日が来るとは思ってもみませんでした。事故を目撃しなくてよかった^^; 高校生の時、通学で学校の最寄り駅でちょうど人身事故の後に到着したことがあって、線路に散った肉片見ちゃったことならあるのですが...(昔は結構その辺適当だったよね) 
スポンサーサイト

Category:日々のたわごと  Comment:2  Trackback:0  Top

Comment

NoTitle

友人は事故車の先頭車両で、踏んづけちゃってごりごり足元に感じちゃった経験あり。
私はなし。ほっ。。。

From:ZU_TIN URL 2009.03.10. Tue 21:00 [Edit]

NoTitle

>ZU_TIN さん
うはー(汗 足もとの感覚って一生忘れないよねぇ;; 私はもっとばかばかしい思い出だけど、小笠原で思い切りアフリカマイマイを踏みつぶしたことがあって、あの、「カシャーーン、じゅるっ」が忘れられません(ノ_・。)

From:あすとる URL 2009.03.10. Tue 23:26 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New記事+コメント

プロフィール

あすとる

  • Author:あすとる
  • 英国生活日記http://astor.btblog.jp/の後を継いだ帰国後日記です。ただのひきこもりの日常をつづっております...

カテゴリー

検索フォーム

ブログ内検索

リンク

過去ログ

月別アーカイブ

RSSフィード

Copyright © 蒼月亭つれづれ日記 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。