蒼月亭つれづれ日記

英国からの帰国、両親との死別...ひとりで生きていくことの意味を見つけたくてもがいてます...

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

シシリアン

2007.08.16 Thu 05:20

昨日は友人たちとオールドタウンにあるベジタリアン・レストラン「Hitchcock's」に行ってきました。2年前に私の誕生日祝いをした同じレストランです。ここは全員同じ時間に集合で食事を始めるスタイルのバッフェ・レストランで、その日の予約を一番最初に入れたお客が、その日のテーマを決めることになってます。昨日のテーマはシシリアンでした。

シシリア料理というと、あまり詳しくないけれど、トマト味のソースとか、そういうのが多いのかな~?という程度の知識ででかけた私。 とりあえずイタリアンなのでそんなに奇妙な味のものは出ないだろう(前回なんちゃってジャパニーズで相当面白い思いをさせていただいたので...)、と楽しみにでかけました。

20070816045209.jpg


まずはスターター。 普通にトマトのブルスケッタでした。スープかなと思ったら違いました。 これはさすがにおいしかった...でも生トマトが苦手な私は一個食べれば十分かな( ゜┓゜)

20070816045241.jpg


しばらくするとミールバーの用意ができたと声がかかるので、みんなぞろぞろ移動して行列してそれぞれ好きな食べ物を取っていきます。 今回イタリアンなのでかなりチーズがあるかなと思ってたんですが、意外にそれほどはなかったですね~ ヴィーガンの方への配慮なのかもしれません。サラダ用にシュレッドしたチーズが置いてあったんですが、そこにヴィーガン用にあらず、と書いてありました(つまりレンネットを使ったチーズということかな?)。

並んでいた食べ物はさまざまな生野菜のサラダ(普通のグリーンサラダあり、ベビーリーフサラダあり、豆と野菜のサラダあり...いろいろです)、トマトとオリーブのピザ、各種パスタ(ラザニアを3~4cm角に切ったみたいなパスタとか、直径1cmくらいで空洞のストロー状の長いパスタとか、小さなドーナツ型のパスタ...ピリ辛のスパゲティもありました。味はオイル系やトマト系)、レンティルの煮物、ほうれん草のピューレ、クジェットのソテー(と思ったけどちょっと違った)、サフラン風味のリゾットといった感じのラインナップ。 あ、ゆでたとうもろこしとか食べなかったので中身がわからないけどパイのようなものもありました。

どれも美味しかったですが(パスタがゆですぎなのはもう言わない約束)、中でも美味しかったのはレンティルの煮込みと、クジェットでした。 このクジェット、ほんのりミントが香ってたんですよね。 とても美味しかったので食後にシェフのお兄ちゃんを呼び出して、作り方を聞いてみました。クジェットを輪切りにして、オリーブ油で炒めるだけなのですが、味付けは塩コショウ、ブラウンシュガー、モルトヴィネガー、そしてミントリーフ、だそうです。 あとでちょっとネットで調べてみたら、似たような料理はいくつかあって、それはガーリックが必ず入っているので、たぶんこの料理にも少し入っていたのかもしれません(兄ちゃんが言うの忘れてる可能性大)。 ブラウンシュガーとモルトヴィネガーってとこがあの味のキモなんじゃないかなーと納得した私。 今度ぜひ作ってみようと思っております(・_・)ノ


20070816045317.jpg


片っ端からお皿に乗せていくとこのように見苦しい姿になります(ぇ

20070816045357.jpg


もう苦しくて死にそうでしたが、やはりデザートを食べないで帰るわけにはいきませんの。 ちょっとケーキは見るだけで吐きそうだったので(笑) アイスクリームと、アマルフィ・ビスケットのクリーム和えとスイカ、イチゴなどのフレッシュ・フルーツをいただきました。

ここのレストランはBYOなので友人が持ってきてくれたワインとシャンパンを飲みつつ楽しいひと時でした。
スポンサーサイト

Category:英国生活  Comment:5  Trackback:0  Top

Comment

本当に美味しかったですねぇ。

あすとるさん、誘っていただき有難うございました。ハルに住んで3年以上経ちましたが、一度も「ヒッチコック」に行ったことがありませんでした。腹八分目を心掛けていたのですが、腹十分目以上になっちゃって、途中でジーパンのボタンを外したくなりました。 今度もし行く機会があれば、ゆったり目のワンピースを着ていこうと思います。ベジタリアン料理をちょっと甘く見てましたねぇ。野菜ならお腹がいっぱいにならないだろうと思っていたのに…。 

From:ペンギン URL 2007.08.16. Thu 07:51 [Edit]

「ビスケットのクリーム和え」ですか・・・。アマルフィ・ビスケットって何者なのかよく分かりませんが、一見、イタリアのアマレットのようですね。 アマレット自体甘いのにそれをクリームで和えてしまうわけ? それともこのアマルフィとやらは、あまり甘くないのかしらん? 謎だ・・。

From:かめ URL 2007.08.16. Thu 09:08 [Edit]

おおお、美味しそう。
ズッキーニのレシピ、いただいて帰りますわっ♪
味の想像が出来ないのだけど、一番強いのは酸味?甘味?

チーズはね、レンネットを使ったのは普通のベジタリアンでも"食べないリスト"に入っちゃうんだよね。
Veganチーズは、乳製品をまったく使っていない(不味い)ソヤチーズになるんじゃないかな、きっと。

次回は私も行きたい!(遠過ぎるか…。orz)

From:みら URL 2007.08.16. Thu 09:59 [Edit]

Veganという言葉が、アメリカとイギリスでは意味がちょっと違うのかな?と疑問に思いました。

というのは、アメリカでは、Vegetarianの中でもVegetarianとVeganでちょっと内容が違うんです。
Veganは、動物から出たものは、一切食べません。なので、チーズやバター、卵、牛乳も食べないんです。(市販の食品やお菓子はほとんどと言っていいほど、食べられません。)外食もほとんど出来ないようですね。話を聞くと、なかなか大変そうです。

Vegetarianでも色々あるようで、哺乳類は食べないけど、鳥類、魚介類は食べる。哺乳類や鳥は食べないけど、魚介類は食べたりする人、それも食べないけど、卵や乳製品は食べる、という人までいろいろです。

イギリスのVeganさんたちは、レンネット不使用のチーズなら食べるんだな、と興味深く読みました。

From:ミル姐 URL 2007.08.16. Thu 12:36 [Edit]

>ペンギンさん
また機会があればぜひ行ってみてね。その日の料理によって印象違うと思うし。私も機会があれば一度スパイシーな日に行って見たいな。

>かめちゃん
デザートはよくわかんないのよね(笑)要はアマレットのクリーム和えかな? クリームは甘くないから見た目ほどこゆくはないのよ。

>みらちん
甘味は味を丸くする程度なのよ。ミントと酸味が調和してる感じかな。 詳細はみらちんのブログに書いてきたよ。

ヴィーガンの件は私の勘違いです...そういえばヴィーガンの人はミルクすらもだめなんでしたね。だったらあのチーズはレンネットなしのラクトベジ(っていうんだっけ?)の人向けのチーズってことでしょうか。

>ミル姐さん
というわけでヴィーガンの件は私の誤解です~ 英米で定義は一緒のはずでございます。失礼いたしました。周囲にベジタリアンは結構いるんですが、ヴィーガンの知り合いは一人もいないので、不勉強でした。

From:あすとる URL 2007.08.16. Thu 23:23 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.05.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

New記事+コメント

プロフィール

あすとる

  • Author:あすとる
  • 英国生活日記http://astor.btblog.jp/の後を継いだ帰国後日記です。ただのひきこもりの日常をつづっております...

カテゴリー

検索フォーム

ブログ内検索

リンク

過去ログ

月別アーカイブ

RSSフィード

Copyright © 蒼月亭つれづれ日記 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。