蒼月亭つれづれ日記

英国からの帰国、両親との死別...ひとりで生きていくことの意味を見つけたくてもがいてます...

スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告  Top

そしがやカレー

2007.07.27 Fri 21:55

curry.jpg


いやぁ、今日は暑かった。とうとうセミも鳴き始め、完璧な夏です。でもまだ夏が始まったばかりだなと思うのが、夕方になると空気は湿って重たいけれど、なんとなく夕涼みという感じの風が吹いてくるところ。これが夏の真ん中になると夜もただ暑いだけですもんね... 今くらいの気候なら夕方に打ち水とかするとさわやかでいいかも。

午後は母とでかけていたのですが、その帰りに久しぶりに祖師谷の温泉に行って来ました。ここの、茶色いとろんとしたお湯は本当に肌に効くんですよね。今はアトピーでボロボロなのでしみて痛いけど;; でも風呂上りはやはり肌の張りが違います(・_・)ノ 小さめのプール(全裸で入る)やサウナや、ジャグジー、薬草湯があって、今日のハーブ湯はペパーミントとオレンジでした。ハーブの湯はぬるめで、のんびりするのに最高♪ また2ヶ月お湯に浸かれない生活になるのでじっくりはいってきました(笑)

その後、帰りにかねてから行きたいと思っていたそしがやカレーでお夕飯。いやぁ、美味しかったです。満足、満足。 ここの看板メニュー、豚バラ煮あぶりカレーをいただきました。お肉はカウンターの向こうでその場でご主人がバーナーであぶってくれるのですが、よく煮えていて、焦げ目が香ばしくて、素晴らしいです(゚▽゚*) スパイスたっぷりのカレーもいいお味でした。 ちょっと盛りが多くて残っちゃってごめんなさい... 帰国したらまた食べに行こう。

スポンサーサイト

Category:成城生活  Comment:4  Trackback:0  Top

Comment

結局、今日はやや暑かったです。日本の天気と平行するんですかね。

それにしても、このカレーは気になります。外カレーってあんまり美味いと思ったことないんですけど、これは気になる。因みに拙は京王系のカレーが好きです。C&Cのポーク辛口。これはC級グルメ。

From:牧歌 URL 2007.07.28. Sat 01:39 [Edit]

>牧歌さん
これから荷物を詰めるのですが、服をどうしようか迷ってます(笑)最低限だけ持って後は現地で買うつもりだけど、でもいきなり凍えたくないし...と。 まぁ、一枚多めに着るくらいのイメージで行こうと思いまーす。

私もC&C結構好きです。なかなか行けないですけど。
そしがやカレーはなかなか他にない感じでいいですよ。お勧め。 機会あればぜひ行ってみてください。

From:あすとる URL 2007.07.28. Sat 11:00 [Edit]

美味しそうなカレーですね。

今夜の夕飯はカレーにしようと思います。

From:Hide URL 2007.07.29. Sun 21:53 [Edit]

>Hideくん
あはは。カレーは作ると何食か食べれるからいいよね。

From:あすとる URL 2007.07.30. Mon 06:14 [Edit]

Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback

Trackback URL

Top

Calendar

2017.10.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

New記事+コメント

プロフィール

あすとる

  • Author:あすとる
  • 英国生活日記http://astor.btblog.jp/の後を継いだ帰国後日記です。ただのひきこもりの日常をつづっております...

カテゴリー

検索フォーム

ブログ内検索

リンク

過去ログ

月別アーカイブ

RSSフィード

Copyright © 蒼月亭つれづれ日記 All Rights Reserved.

Illust by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。